サイクルツイスタースリム 口コミ レビュー ダイエット

お尻が痛くなるのは本当?

 

サイクルツイスタースリムの口コミやレビューでよくみかけるのが、騒音とお尻の痛みです。
騒音についてはコチラをごらんください。

 

今度はお尻の痛みです。
これは、実際に乗ってみるとすぐにわかります。

 

10分を過ぎたあたりから、痛くなります。

 

どんなに頑張っても管理人は1時間が限界でした。
お尻の痛みと飽きてしまうのでこれが限界です。

 

ではなんでこんなに痛くなってしまうのでしょうか?

 

サドルをじっくり観察

サイクルツイスタースリムの椅子をじっくり見て行きます。
まず大きさですが、普通の自転車のサドルよりも大きいです。

 

 

なんと幅は25センチ近くあります。
みただけでは、普通の自転車よりものりごごちがよさそうです。
形そのものも悪くはなさそうです。

 

では次に固さです。

 

 

サドルの固さはハッキリ言うと固いです。

 

このサドルの固さがお尻が痛くなる原因みたいです。
写真は結構力をいれて押しましたが、
これ以上はヘコミませんでした。

 

それでサドルの裏側を見ると、

 

 

こんな感じです。
シートに厚みがなく、すぐに鉄板です。
これでは体重をかけると底付きしてしまい、お尻が痛くなります。

 

長時間この上で運動したら、それはそれは痛いです。

 

お尻の痛み対策

お尻の痛みは慣れで解決
なんてことは言いません。

 

一番の対策としては、バスタオルを巻いたりしてシートを厚くします。
こうするといくらか楽です。

 

口コミではサドルカバーを購入するといいと書き込んでいるのを見かけます。
しかしこの大きなサドルに合うカバーがあるかわかりません。
購入してあわなかったら、面倒です。

 

ずっとつかっていると、30分くらいは気にならなくなりまうす。

 

もう少しユーザーのことを考えてくれるとうれしいです。